• Hitachifrogs

グローバル研修 Day1~2

お待たせいたしました!!

8月21日からスタートした、グローバル研修のレポートです!!

本来であればシリコンバレー現地で研修を行うところ、昨年に引き続き今年もオンラインでの実施です。

どんな方々からどんなお話をいただいたのか?選抜生はどう感じたのか?

まずは8月21日~22日のDay1~2のようすをお届けしていきます!!


Day1 研修内容


Takeoff Point代表の石川洋人さん(シリコンバレー)


初回は、スペシャルサポーターのTakeoff Point代表・石川洋人さんによるセッションです!



マーケティングマネージャーのブリトニーさんも、サービスフィードバックに参加してくださいました!


まずは4名のfrogs生による、サービスプレゼンからスタート!

常陸からは、るみなが挑戦!

自身が取り組んでいる「タスク単位で働ける&雇えるようにするサービス」について、英語でプレゼンしました!


その後は石川さんより、「シリコンバレーで活躍するには?」「石川さんがどのようにキャリアを築いてきたか?」など、お話いただきました。


株式会社eumoの新井和宏さん・武井浩三さん


続いてのセッションは、スペシャルサポーターの株式会社eumo代表のお二人・新井さんと武井さんです。


共感資本社会の実現を目指す新井さん、武井さんから「なぜ共感資本社会を目指すのか」「今の経済について」「お金の循環について」など、お話いただきました。


るみな、2回目のサービスプレゼンです!

「専門性がなくてもできる、といったときのアーリーアダプターたちはどういう人たち?雇用主側にどのくらい需要があるのか?」「るみながどういったビジネスをしたいのか?」といったフィードバックをいただきました。



Day2 研修内容


▼熊谷芳太郎さん(シリコンバレー)

シリコンバレーで8つのスタートアップを経験している熊谷さん。

「シリコンバレーとはどんなところか」「スタートアップについて」など、現地で活躍してきた方ならではのお話をいただきました。

ウィズグループ代表の奥田浩美さん

「アントレプレナーシップ あなたは何を生み出すのか?」をテーマに、ウィズグループの事例と併せてお話いただきました。


▼KOTA ALEX SAITOさん(エストニア)

xIDで働きつつ、totonouの経営もされているアレックスさんからは、「エストニアのこと」「アレックスさんの事業について」「アレックスさんが生きるうえで考えていること」などを伺いました。



2日目もサービスプレゼンの時間がありましたが、残念ながら常陸からの発表者はいませんでした。世界で活躍されている方々からフィードバックをいただける貴重な機会を、大事にして欲しいです。



常陸frogs選抜生たちのようす


シリコンバレーをはじめ、世界で活躍されている方々からたくさんのメッセージをいたいただいた選抜生たち。それぞれどんなことを感じたのでしょうか?

まずは2回プレゼンした、るみな

「話を聞いて新たな発見を得られたこと、プレゼンをできたことは良かった。反省点としては、グローバルな視点で考えることができていなかったと感じた」

プレゼンではだいぶ緊張しているようすでしたが、振り返り時にはいつもの笑顔を見せてくれました!



りゅうきは「この2日間は、講師の方々が自分を常識の外側に押してくださったようなイメージ」とワクワクのようす。

「聞いたことを自分事にすることで、今までになかった価値観や気づきが得られた。ただ、サービスプレゼンができていれば、自分事がさらに具体的になったなと思った」次回はりゅうきのプレゼン期待してるぞ!



ゆげさんは1日目と2日目で、だいぶ気持ちが違うようす。

1日目の振り返りでは「話を聞いてスイッチが入った。今日聞いた話の中で、自分がやりたいこととリンクする部分もあり、動かなきゃなと思った」と前向きな言葉が。しかし、2日目は「話を聞きながら自分はどうだったかな?と考えてしまい、時間の使い方的にあまり良くなかった」と、モヤモヤが残ったようでした。



ゆげさんとチームを組んでいるゆるしーは、自分を見つめ直す機会を得たそう。

「サービスプレゼンの準備ができていれば、もっと得られるものがあった。同じチームのゆげさんに甘えていた部分もあるので、見直しながらやっていきたい」遠慮せず、自分の気持ちに正直に進んで欲しいです!




グローバル研修、まだまだ続きます!

大海に飛び出した選抜生たちが、今後どう変化していくか楽しみです!

応援よろしくお願いいたします!!